スペシャリティコーヒーとの出会い

スペシャリティコーヒーとの出会いは、一冊の本「僕はコーヒーが飲めない」を貸していただいたことからだった。

9月27日はコーヒーハンターのお店がオープンした九州の歴史的な瞬間でした。

東京、横浜の次に、関西飛び越えてここ九州にお店ができたことには、深い意味があります。

「なぜ、いま、九州なのか?」

福岡市科学館の宇宙から見た九州の夜景初公開映像では、住んでいる人の分だけ灯りがともっていましたが、この営みを守りたいと自然に思えるほどとても美しかったです。

宇宙からの九州の街を見るのと同じように、すぐそこに違った世界を、コーヒーを通して見ることができます。

 

今まで、九州は若いけれど、育てられ鍛えられて東京や大阪などの都心へ輩出する「人材養成所」のような場所でした。

でも、これからは、九州に天運が集まり、人が集まり、カフェが集まり、コーヒーが集まってくる。

宇宙から見たこの営みを守りたいと願う人がカフェを開く、「九州の時が来た!幕が上がった!」と教えてくれたのがコーヒーだった。

 

フクオカコーヒーフェスティバル実行委員会

2018 © Fukuoka Coffee Festival. All Rights Reserved.