九州の缶コーヒーの消費量は他の地域よりも多いと聞いたことがある

九州の缶コーヒーの消費量は他の地域よりも多いと聞いたことがある。

私の住んでいる福岡は特に多いのだとか。

20代の頃、建材メーカーの営業を担当していた。

顧客は建設関係の会社が中心で所謂「ドカタ」(土建)と 言われる業種だった。

福岡は現場仕事に従事している人が多く、 それが缶コーヒーの消費が高い要因の一つであるのだという。

 

現場で打ち合わせや営業で顔を出すとき、そこには必ず缶コーヒーがそばにあった。

厳しい職人は、眉間の皺と鋭い眼光。

私の姿を見て、自販機前に移動。

缶コーヒー無言で手渡された。

それは、甘くベタベタして、 私にとって苦手な味であった。

職人はタバコとそれを交互に口にし、大きなため息をひとつ。

そのまま表情がほころび、打ち合わせがはじまった。

 

それから、10年が経過。

私は転職を繰り返し今は放送の仕事に従事している。

プロデューサーやタレントとの打ち合わせのときは 必ずコーヒーがそばにある。

原稿を書いている時や編集をしているときも。

今も仕事のそばには必ずコーヒーがある。

業務を円滑にさせる、仕事モードのスイッチを入れる、休憩を感じさせる、、、。

今も仕事のあらゆる場面ではコーヒーの存在はなくてはならないものになっている。

 

福岡は空前のカフェブーム。

昔に比べ、本格的なコーヒーをあらゆる場所で味わうことができる。

いま、お気に入りのとあるコーヒースタンド。

コーヒーに集う常連客は多種多様。

浪人生、芸術家、文芸少年、主婦、 サラリーマン、飲食経営者、医者、消防士、、、。

コーヒーの湯気を挟み、様々な会話が飛び交っている。

洗練されたコーヒーがそこにアクセントとなり 最高の居心地の良さを感じてしまう。

職種は変われども、飲むコーヒーが変われども、コーヒーは すべてのシーンのそばにある。

それは、仕事だけではない。

朝目覚めたとき、コンビニで、食事の後、テレビを観ながら、電車を待っている時、、、。

頑張ろうとする時、悩んでいる時、ホッとしている時、、、。

生活のあらゆる場にはいつもコーヒーの香りと苦味がある。

 

10年前、建設現場で飲んでいた缶コーヒー。

いま、コーヒースタンドで飲むそれとは味も値段も大きく違う。

しかし、コーヒーを通じてコミュニケーションが 円滑にできていることは同じである。

 

私はこれからも人生で挫折や悲しみ、そして喜びなどを経験していくだろう。

その傍らではコーヒーがあり、その味や香りはその時の思いを忘れないように心に刻んでくれる。

コーヒーとともに歩む人生は苦味もあればエグミもある。

新しいコーヒーを探すように、人生をこれからも楽しみたい。

 

岡野 司

フクオカコーヒーフェスティバル実行委員会

2018 © Fukuoka Coffee Festival. All Rights Reserved.